スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛嚢炎とは

毛嚢炎はムダ毛の処理をした際に傷がついてしまった皮膚から細菌が入り込み、炎症を起こし赤く腫れ上がってしまったり化膿してしまった状態を言います。
クリニックやエステサロンでの脱毛後も皮膚が敏感になっていますから、一概に自己処理の方法が悪いなどとも言えない問題です。
軽い初期症状の場合はニキビのように赤くプツっとしていますが、酷くなってくると大きく腫れ上がり熱を帯びて、もっと酷くなると体温自体が熱を帯びてきます。
特に女性は外陰毛嚢炎と言い、デリケートゾーンに多く見られます。
生理などで長時間蒸れた状態になるので、汗やおりものの細菌も繁殖しやすい環境が整っているのです。
毛嚢炎は黄色ブドウ球菌による二次感染が原因で、普段は常在菌として常に人の中に潜んでいますが、免疫が落ちて体力の無い時や、強い刺激を与えると爆発的に増殖し悪さを働きます。
特にこの黄色ブドウ球菌は毒性が強いのが特徴です。
もし毛嚢炎になってしまったら、軽いニキビ程度であればそのまま時間と共に落ち着きますが、少し炎症が酷くなってしまった場合は市販薬で抗生物質の入った軟膏を塗ります。
しかしそれでも治らなかった場合は病院へ行く事が重要です。
化膿してしまった膿を出し、薬をもらいましょう。
また、自分でニキビを潰すように膿を出してしまう人もいますが、一番注意すべき事はこの膿の中には毒性の強い黄色ブドウ球菌が含まれているという事です。
膿を触った手で他を触ったり、膿が違う箇所に付いてしまうと、そこからまた感染してしまう可能性があります。
毛嚢炎にならない為には、脱毛時や普段の習慣の中でも常に清潔にしておく事が重要です。

埋没毛とは

埋没毛と難しく言えば分かりにくいですが、皮膚の中にうっすら毛が見えているのに表面に出てこない毛はありませんか?それが埋没毛です。
主な原因は無理な毛抜きやカミソリでの処理によって皮膚が炎症を起こし、そのままくっ付いて毛穴を塞いでしまう事から、生えてきた毛が外に出られないまま皮膚の中で成長してく状態を言います。
皮膚の細胞は修復がとても早く、擦り傷でもすぐにカサブタができるように、毛穴もすぐに塞がってしまいます。
もし埋没毛を見つけてしまった時は、まず絶対に穿って無理矢理毛を抜いたり、皮膚を切ったりしてはいけません。
こんな事をしてもその場凌ぎで余計に埋没毛が増える原因になってしまいます。
基本的にはそのまま放置しておく事が前提です。
埋もれた毛は時間の経過と共に皮膚の中へ吸収されてなくなっていきます。
しかし、この吸収される時間が意外にも長くかかってしまうのがまた悩みです。
なるべく皮膚を柔らかくするような成分の化粧水やクリームを使い、クリニックへ相談しに行けば専用のクリームも出してくれますが、やはり埋没毛になってしまってからでは時間はかかるものです。
本来であれば埋没毛を作らない為のケアが大切なのです。
ケアと言ってもこれに限っては本当に無理な毛抜きやカミソリを止めれば大半が解決される事も事実ですから、今からでも簡単に予防する事ができます。
またどうしてもカミソリでないと納得のできない人は、せめて逆剃りだけは止めておきましょう。

色素沈着とは

脱毛による色素沈着は紫外線や外からの刺激によって、メラニン色素が多く作られ過ぎてしまう事から肌の色が黒ずんでしまったりシミのようになってしまう事を言います。
多くの場合は無理な脱毛や自己処理が原因で、長く続けている人程悩んでいる人が多いのではないでしょうか。
特にワキやVラインに多く見られ、思うようにお洒落を楽しめない人もいます。
これは女性にとってはかなり大きな悩みでもあり、解決策がなかなか分からない事で余計に悩んでしまいます。
一つ言えるのは、そのまま自己処理を続けていても治らない、という事です。
エステサロンへ行くと、脱毛はできますが色素沈着が完全に治るかは分からない、と言った返答をもらってしまう事もあります。
フラッシュ脱毛は確かに肌が明るくなりますし、毛穴は引き締まりますが、メラニン色素が溜まってしまった状態では脱毛自体も難しい場合があります。
まず色素沈着を改善したいのであればクリニックへ行って相談する事をオススメします。
クリニックでは市販では手に入らないタイプの塗り薬をくれる事が多いので、少なくとも一ヵ月は塗り続け、擦りすぎないように、また無理な脱毛はせず、そっとしておくようにと言われます。
このように病気や炎症と違い、改善をするにも長い時間がかかってしまうのが色素沈着です。
長い年月を経てなってしまった色素沈着はとても厄介なのです。
また、まだ症状が無いから大丈夫だと思い自己処理を続けてしまう前に、普段からこのような状態にならない為のケアを怠らない事も大切です。

肌荒れ・乾燥について

クリニックやエステサロンで脱毛している人は詳しく説明を受け、施術後には保湿成分の高い化粧水や薬を塗ってもらった経験からも分かりますが、施術後の肌は一段と潤いに飢えています。
自宅での自己処理を行っている人も、最後には化粧水を付けて何とか保湿しようとしている人も多いのではないでしょうか。
これは主にカミソリやワックスなどで必要な肌の表面にあるたんぱく質や角質までもを剥ぎ取ってしまった事が一番の原因だと言えるでしょう。
そこから細菌が繁殖し、乾燥が肌荒れになってしまったり、本当に良い事はありません。
またそのままの状態で、脱毛の施術を受けに行こうとしても、レーザーもフラッシュ脱毛も乾燥している肌にはあまり効果が発揮できないのです。
健康的な潤いのある肌だからこそ、光の熱が毛根や細胞にまで届き脱毛できるのです。
乾燥していたり肌荒れでガサガサになってしまった肌はなかなか奥まで光の熱が届かないので効果が半減されてしまうのです。
そして脱毛後の肌は健康的な人でも乾燥しやすい状態になるので、元々乾燥している肌がもっと乾燥してしまうと、そこから痒みや赤みが発症し、炎症を引き起こしてしまう場合もあるのです。
ここまで来てしまったらサロンやクリニックを責める事もできませんよね。
日頃の肌のケアは、実はとても大切な事なのです。
特にこれから脱毛へ行こうと考えている人は、予約をする前になるべく白くて潤いのある肌に近付けるよう努力する事によって、脱毛の効果も一段と大きくなるのではないでしょうか。

自己処理の危険性

自宅での脱毛と言っても様々な方法や道具を購入する事ができますが、はっきり言ってどれも大きなリスクを抱えているのです。
誰もが一度は経験しているであろうカミソリは、毛の断面が斜めになる事から次に生えて来る毛が太く濃く見えてしまいます。
また肌の表面を削ってしまい、色素沈着や、乾燥、肌荒れの原因にもなりますし、そこから雑菌が繁殖してしまうと毛嚢炎などの炎症を引き起こす場合があります。
次に多いであろう毛抜きですが、ピンセットで抜く方法や電動の毛抜きなど色々あります。
これも無理矢理に毛を引っ張る事から炎症を起こす可能性が非常に高く、毛穴が変形してしまうので埋没毛も出てきます。
実は一番危ない方法とも言えるでしょう。
そして他にもワックスや除毛クリームがありますが、特にワックスは痛みを伴います。
痛みがある分肌への負担も大きいので、内出血をしてしまったりあらゆるトラブルの引金になりますし、痛くないように作られている除毛ワックスは毛だけでなく肌の表面も溶かしています。
それに毛を溶かしてしまう程の強い成分が含まれているので、肌に良い訳がありません。
角質やたんぱく質も一緒に溶かし、炎症やアレルギーにもなってしまいますから、特に敏感肌の人は避けた方が良いでしょう。
このように自宅で自己処理をする事はとても多くのデメリットが存在します。
ですがメリットと言える事は何があるのでしょう。
サロンやクリニックへ通ってしまえば、結果的には時間も金銭的な面でも余裕が生まれ、肌への危険性も回避できるのではないでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。