スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の脱毛事情

日本では当たり前になっている脱毛ですが、それでも中には脱毛しない人も目にしますよね。
では日本以外の外国ではどうなのでしょう。
同じように脱毛が当たり前の国やそうでない国、また脱毛の方法にも色々な種類が存在します。
まず韓国ですが、肌の色や美に対する方向性は似ています。
しかし日本よりも美に対する意識はとても高いと言えるでしょう。
エステサロンでの脱毛や美容整形なども盛んで、男性も気軽に通っている人が多くいますし、金額もリーズナブルな所が多く頻繁に通えるようになっているのも魅力的です。
またアメリカでも脱毛は盛んに行われていますが、日本との違いはほとんどの毛を全て無くしてしまう事が多いという事です。
腕や脚以外にもアンダーヘアーの脱毛が当たり前のように行われ、全ての毛を脱毛するのがポピュラーな考えです。
そしてアンダーヘアーの脱毛と言えばブラジルです。
ブラジルでは水着を綺麗に着る為に若い女性が全ての毛を脱毛する事が主流になってきましたし、ブラジリアンワックスにも分かるように元々脱毛に対する意識が強い国とも言えるでしょう。
しかし、多くの国で脱毛が主流になってきている中、脱毛をする人としない人で極端に分かれるのがヨーロッパです。
ヨーロッパの人達は脱毛に対する意識の強い人は少なく、腕や脚に毛が生えている事にも抵抗の無い人が多いようです。
中には脱毛をする人もいますが、サロンでもワックスシートでの脱毛になる為、日本人のようにお金をかけて脱毛する、という意識は薄いとも言えるでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。