スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛嚢炎とは

毛嚢炎はムダ毛の処理をした際に傷がついてしまった皮膚から細菌が入り込み、炎症を起こし赤く腫れ上がってしまったり化膿してしまった状態を言います。
クリニックやエステサロンでの脱毛後も皮膚が敏感になっていますから、一概に自己処理の方法が悪いなどとも言えない問題です。
軽い初期症状の場合はニキビのように赤くプツっとしていますが、酷くなってくると大きく腫れ上がり熱を帯びて、もっと酷くなると体温自体が熱を帯びてきます。
特に女性は外陰毛嚢炎と言い、デリケートゾーンに多く見られます。
生理などで長時間蒸れた状態になるので、汗やおりものの細菌も繁殖しやすい環境が整っているのです。
毛嚢炎は黄色ブドウ球菌による二次感染が原因で、普段は常在菌として常に人の中に潜んでいますが、免疫が落ちて体力の無い時や、強い刺激を与えると爆発的に増殖し悪さを働きます。
特にこの黄色ブドウ球菌は毒性が強いのが特徴です。
もし毛嚢炎になってしまったら、軽いニキビ程度であればそのまま時間と共に落ち着きますが、少し炎症が酷くなってしまった場合は市販薬で抗生物質の入った軟膏を塗ります。
しかしそれでも治らなかった場合は病院へ行く事が重要です。
化膿してしまった膿を出し、薬をもらいましょう。
また、自分でニキビを潰すように膿を出してしまう人もいますが、一番注意すべき事はこの膿の中には毒性の強い黄色ブドウ球菌が含まれているという事です。
膿を触った手で他を触ったり、膿が違う箇所に付いてしまうと、そこからまた感染してしまう可能性があります。
毛嚢炎にならない為には、脱毛時や普段の習慣の中でも常に清潔にしておく事が重要です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。