スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埋没毛とは

埋没毛と難しく言えば分かりにくいですが、皮膚の中にうっすら毛が見えているのに表面に出てこない毛はありませんか?それが埋没毛です。
主な原因は無理な毛抜きやカミソリでの処理によって皮膚が炎症を起こし、そのままくっ付いて毛穴を塞いでしまう事から、生えてきた毛が外に出られないまま皮膚の中で成長してく状態を言います。
皮膚の細胞は修復がとても早く、擦り傷でもすぐにカサブタができるように、毛穴もすぐに塞がってしまいます。
もし埋没毛を見つけてしまった時は、まず絶対に穿って無理矢理毛を抜いたり、皮膚を切ったりしてはいけません。
こんな事をしてもその場凌ぎで余計に埋没毛が増える原因になってしまいます。
基本的にはそのまま放置しておく事が前提です。
埋もれた毛は時間の経過と共に皮膚の中へ吸収されてなくなっていきます。
しかし、この吸収される時間が意外にも長くかかってしまうのがまた悩みです。
なるべく皮膚を柔らかくするような成分の化粧水やクリームを使い、クリニックへ相談しに行けば専用のクリームも出してくれますが、やはり埋没毛になってしまってからでは時間はかかるものです。
本来であれば埋没毛を作らない為のケアが大切なのです。
ケアと言ってもこれに限っては本当に無理な毛抜きやカミソリを止めれば大半が解決される事も事実ですから、今からでも簡単に予防する事ができます。
またどうしてもカミソリでないと納得のできない人は、せめて逆剃りだけは止めておきましょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。