スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱毛の注意点

男性の脱毛も女性同様、施術前後に気を付けなければいけない点や、自己処理をする時のトラブル防止策など沢山ありますが、特に男性は日頃から日焼け止めや化粧水を使用しない人が多い為、脱毛後の肌ケアが十分に行えていない人が多く見られます。
脱毛後はなるべく紫外線を避け、汗もかかないようにしなくてはいけませんから、普段気を使わない所まで神経を使う事になります。
またこの機会に乳液やクリームなど保湿をする為の化粧品を使ってみる事もオススメします。
そして自己処理を続けている人に多く見られるトラブルは、髭の部分が赤くプツプツしてしまう人です。
これがニキビの場合は髭剃りに時間もかかりますし、朝から血が止まるまで髭が剃れずに面倒な事になります。
またニキビ以上に赤く腫れてしまっている場合は、ニキビでは無く毛嚢炎の可能性があります。
元々ニキビだった所や髭剃りで傷付いた皮膚から細菌が入り繁殖し、酷い場合は膿んできます。
しかしこんな場合でも自己処理の人は髭を剃らない訳にはいきませんから、結局、悪循環の繰り返しになってしまいます。
もちろん体毛や他の部位でもワックスやクリームで脱毛をする人がいますが、結果的には女性同様、皮膚への負担から色素沈着や埋没毛になりますし、男性の場合は特に毛根の奥の細胞から破壊しないとどんどん生えてきますから、チクチクと痒くなり引っ掻いたり、乾燥してしまったりトラブルも大きくなるばかりです。
肌が弱い人や既にトラブルのある人は特に、クリニックやエステで脱毛の施術をオススメしますし、脱毛をする事で改善される事が沢山あります。
スポンサーサイト

脱毛の手段

男性の脱毛も基本的にはクリニックやメンズエステで行う事ができます。
しかしどちらも女性と違うのは男性の毛は太くて濃い物が多い為、多少の痛みは付き物だという事を理解しておきましょう。
メンズエステでの一番の魅力はやはり価格設定が低い事です。
初回の割引プランなどキャンペーンであれば、両脇や鼻毛程度で数千円という広告も目にしますし、これから通う事を考えればとりあえず使ってみて好みの店を決める事ができます。
しかし特に髭などの濃い部分はなかなか成果が出ない場合もあり、予定の回数以上に通う事になってしまったり、痛みが伴うので嫌になってしまう事も多くあります。
クリニックでは通常であれば施術方法の違いからエステよりも痛みが大きいのですが、その分医療機関なので麻酔を使う事ができます。
麻酔を使えば痛みはありませんが、その分料金もかさみます。
エステよりも元々の料金が高い上に麻酔を使えば、金銭的な負担は大きくなってしまいますが、脱毛の成果としては十分な成果が期待できます。
これを元に考えると、男性は部位によってクリニックとエステを使い分けても良いのではないでしょうか。
体の毛の薄い部分などはエステでの施術でも十分に脱毛できますし、金銭的にも余裕はできますから、髭や濃い部分をクリニックへ行って無痛で脱毛を行っても少しはお得になるのではないでしょうか。
いずれにせよ何を重視するかによって脱毛方法は変わってきますから、痛みの緩和や金銭面、そして脱毛の効果が出せるか、良く考えて選んでいきましょう。

脱毛する部位

男性の脱毛も女性と同じように、基本的にはどこの部位でもできると思って良いですが、男性の方が毛の生えている部位が多い為、様々なコースやプランがあります。
女性と違い、意外にも一番人気の脱毛部位は鼻毛なのです。
まず手始めに鼻毛からチャレンジする人が多いのですが、確かに身だしなみと考えれば重要な部位でもありますし、失敗した時の事を考えてもリスクは少ないでしょう。
他にも腕や脚は女性と同じように需要がありますし、お腹からギャランドゥと言われる部分にかけてや、胸毛、ワキ、最近では陰部や肛門の脱毛まで様々な部位の脱毛が可能です。
男性の場合は脱毛する部位が多いですし、女性よりも太くて固い毛が沢山ありますが、外国では男性の全身脱毛もポピュラーですし、彼女の為にと手入れを欠かさない男性も多くいます。
陰部や肛門も最近の若い男性には人気の高い部位となっていますし、特に肛門周りは細菌の繁殖や衛生上の事を考えても脱毛すべき部位とも言えるでしょう。
特に日本では芸能人やスポーツ選手が始めた事がきっかけに話題になり今に至ります。
そして男性は顔の中でも脱毛できる部位が分けられます。
鼻毛はもちろん、顎鬚や鼻の下、もみあげや口の下、眉や顔全体の産毛まで、濃い毛が沢山生えている分、脱毛箇所も様々です。
女性と違い顔以外に毛の手入れをしていなかった男性ほど、綺麗になった実感が大きく、脱毛にハマってしまう人も多いですし、色素沈着などの元々の問題も少ない場合が多いので、よりお洒落に磨きがかかる事でしょう。

脱毛の効果・メリット

最近の日本ではようやく男性の脱毛にも抵抗が無くなってきましたが、まだまだ男性自身がエステやクリニックへ行く勇気が出ないまま自己処理を続けている人が多い現状です。
男性が脱毛するという事はなにも全身ツルツルになってしまうという事では無く、好きな形や濃度に手入れをするという事でもあるのです。
何より女性からの支持が多く、もちろん毛深い自然なままの男性が好みの人もいますが、正式なアンケート調査でも過半数が綺麗に手入れをしている男性が良いと答えました。
外国では男性も全身綺麗に毛の手入れをする事が当たり前の国も多くありますし、それがカッコイイとされているのです。
また、個人の悩みとしても最近の若い男性が特に、男性らしさよりも美しさを求める傾向にある事から、短いズボンを履いた時のすね毛や、シャツから覗く胸毛も気になるようになりました。
毛の手入れもお洒落の一環として考えられているのです。
特に髭に関しては毎日の処理が苦痛だったり青くなってしまったり、歳と共に濃くなっていくので悩みは尽きないのでしょう。
20代を超える頃から男性ホルモンの活性化によりどんどん濃くなりますし、毎日カミソリで剃っていればいるほど太く固い毛が生えてきます。
しかし身だしなみとして剃らない訳にはいきません。
脱毛をする事によってカミソリ負けや肌の悩みからも解放され、手間が省けて尚且つ綺麗になれるのであれば、それは女性だけでなく男性も嬉しい事なのです。

毛嚢炎とは

毛嚢炎はムダ毛の処理をした際に傷がついてしまった皮膚から細菌が入り込み、炎症を起こし赤く腫れ上がってしまったり化膿してしまった状態を言います。
クリニックやエステサロンでの脱毛後も皮膚が敏感になっていますから、一概に自己処理の方法が悪いなどとも言えない問題です。
軽い初期症状の場合はニキビのように赤くプツっとしていますが、酷くなってくると大きく腫れ上がり熱を帯びて、もっと酷くなると体温自体が熱を帯びてきます。
特に女性は外陰毛嚢炎と言い、デリケートゾーンに多く見られます。
生理などで長時間蒸れた状態になるので、汗やおりものの細菌も繁殖しやすい環境が整っているのです。
毛嚢炎は黄色ブドウ球菌による二次感染が原因で、普段は常在菌として常に人の中に潜んでいますが、免疫が落ちて体力の無い時や、強い刺激を与えると爆発的に増殖し悪さを働きます。
特にこの黄色ブドウ球菌は毒性が強いのが特徴です。
もし毛嚢炎になってしまったら、軽いニキビ程度であればそのまま時間と共に落ち着きますが、少し炎症が酷くなってしまった場合は市販薬で抗生物質の入った軟膏を塗ります。
しかしそれでも治らなかった場合は病院へ行く事が重要です。
化膿してしまった膿を出し、薬をもらいましょう。
また、自分でニキビを潰すように膿を出してしまう人もいますが、一番注意すべき事はこの膿の中には毒性の強い黄色ブドウ球菌が含まれているという事です。
膿を触った手で他を触ったり、膿が違う箇所に付いてしまうと、そこからまた感染してしまう可能性があります。
毛嚢炎にならない為には、脱毛時や普段の習慣の中でも常に清潔にしておく事が重要です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。